合格を目指す大学受験予備校|医学部へ行くために予備校で対策を学びましょう!

医学部へ行くために予備校で対策を学びましょう!

合格を目指す大学受験予備校

復習する教師

予備校では、志望大学などに合わせて様々なクラスやプランが設定されていることがほとんどです。受講するクラスが多ければ、もちろん授業料も高くなりますが、おおよそ年間50万円から100万円程度が必要となってきます。そのほかにも、春季・夏季・冬季の講習や合宿、模試などにも費用がかかります。 すべての予備校ではありませんが、奨学金制度もあります。成績優秀者が対象になっている場合もありますが、そういった助成制度も利用することができます。 また、苦手な科目は個別指導を受けたり、得意な科目は独学でカバーしたりなども可能です。 大人数のクラス授業、ビデオ講義、個別指導など、様々な形態の授業があり、個別指導形式が最も高価で毎週1コマで2万円から3万円の月謝が一般的です。

予備校にはそれぞれのカラーがあります。大人数での講義形式をとる予備校は、比較的自由で、自分のやりたいように勉強することができます。受講料も比較的安価です。一方で少人数教育の形式を取る予備校は、比較的カリキュラムがきっちり決まっており、担任サポートなども充実していることが多いのが特徴ですが、受講料は比較的高価になります。 さらに、個別指導教室となると、講師一人に対して生徒1名もしくは2名の指導となるので、より集中して学習することができますが、受講料が最も効果になります。 予備校は、自分の学習スタイルや予備校との相性をよく考える必要があります。1年間がんばる環境ですから、受講料や通いやすさなども考慮して、決定するとよいでしょう。